cannabees

CBDコラム

2020/06/19

充実したウェルネスライフを送るための「睡眠」に必要な3つのポイント

「生活習慣を改善するなら、まずは睡眠から」と聞いたことがある方は、多いのではないでしょうか?

私たち、カナビーズが推奨している、日常生活をより幸せにするための「ウェルネス」にも良い睡眠は欠かせません。ただ、その理由をはっきりと分かっている方はそれほど多くないと思います。

今回は、1日の3分の1を占める「眠り」を良くしなければならない理由と今晩からできる睡眠改善テクニックを紹介するので、ぜひチャレンジしてみください!

ウェルネスライフに質の良い睡眠が不可欠な理由

寝不足
寝る前にスマホを見ていると、あっという間に1時間経ってしまった…。そんな悪い習慣が身に付いてしまっている方は要注意です!

睡眠の質が悪くなると、高血圧や糖尿病などの生活習慣病や心臓病のほか、うつ病といった心身の不調を発生してしまうリスクが高まってしまうのです。

さらに、睡眠不足は新陳代謝が少なくなるうえに食欲が高まってしまうので、肥満の原因にもなります。

このように、睡眠はウェルネスライフを実現するための土台と言っても過言ではありません。

それでは、美容や心身に良い睡眠を実現するために必要なポイントを紹介します!

今晩から改善できる!良質な睡眠に必要なポイント

リラックス
睡眠改善のポイントの前に、まずはウェルネスライフを充実するための「良い睡眠」の5つの条件を確認しましょう!

■質の良い睡眠の条件
1.昼夜のメリハリがはっきりしている
2.日中の疲労感が少ない
3.すっきりと目覚められ、スムーズに行動できる
4.途中で起きず、安定して眠れる
5.寝付きが良い

みなさん上の条件に何個当てはまりましたか?

1つでも抜けているのであれば、まだまだ睡眠を改善できるポイントはたくさんあるかもしれません!その代表的なポイントを紹介します。

ポイント1:寝る前の飲食・スマホはNG

スマートフォンやパソコンの光は、睡眠を誘うホルモン「メラトニン」の分泌が減ってしまい、目がさえてしまいます。最低でも睡眠の2時間前には、スマホやパソコンは使わないことがベストです。

「いきなりは難しい」という方は、画面の明るさを暗めに設定し、ブルーライトカットのメガネを使ってみてください。さらにベッドから離れた場所でスマホを充電するなど、スマホを触らない環境づくりも効果的です。

また、食事も寝る前の2時間前に済ませると、さらに深い睡眠を得られやすくなるのでおすすめです。

ポイント2:朝起きたら太陽の光を浴びて、ベッドメイクする

目を覚ましてしばらく布団のなかでスマホを触ったり、二度寝したりする方は少なくないと思います。

そんな方は朝起きたら、まずはカーテンを開けて太陽の光を浴びましょう!

太陽の光を浴びることで、体内時計がリセットされ規則正しい時間に眠気が訪れやすくなります。日光浴の時間の理想は5~10分ですが、少し浴びるだけでもその日の快眠につながります。

また、毎日ベッドメイクすることで精神的に良い影響があるとされています。朝起きたらすぐにカーテンを開け、日を浴びた後はベッドメイクすることを習慣化できれば、ウェルネスライフは大きく充実するでしょう。

ポイント3:リラックスして眠れる環境をつくる

深い安眠を得るためには、リラックスして寝られる環境づくりが大切です。そのポイントをまとめたので、今の睡眠環境と比べてみて変えられる項目があったらぜひチャレンジしてください!

■リラックスして眠れる4つのポイント
・吸水性、通気性の良い寝着
・遮光カーテンで暗さをキープ
・ヒーリングミュージックを流す
・夏場の室温は25~26度、冬場は22~23度、湿度は50~60%に保つ

睡眠グッズを活用して快眠を手に入れよう!

仲間と笑顔
健康・美容に良い眠りを手に入れるためには、アロマなどの「匂い」もリラックスタイムを充実できるとしてよく使われています。私たち、カナビーズも寝る前の楽しみにもつながる、セルフケアアイテムをお届けしています!「睡眠をさらに充実させたい!」と思っている方は、ぜひチェックしてみてください。

ベッドタイムの充実につながるCBDアイテムはこちらから

コラム一覧に戻る
ページトップへ